メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

トップページ > 教育・文化・スポーツ > 郷土博物館 > 催し物 > 第16回テーマ展示「途絶えた郷土芸能中里万作」関連講座「見て歩ける清瀬の史跡・文化財」

第16回テーマ展示「途絶えた郷土芸能中里万作」関連講座「見て歩ける清瀬の史跡・文化財」

更新日:2018年03月26日

日付第1回 6月9日(土曜日)/第2回 6月16日(土曜日)
時間各回とも午後2時~午後4時
※途中休憩10分程度を含む
場所郷土博物館 講座室
講座タイトル・内容第1回 「清瀬に残る謎の石造物―長命寺の石塔・燈篭を巡る-」
長命寺に存在する謎の石塔・燈篭の由来を紹介します。その石造物の正体は意外なものでした。
第2回 「中里の富士塚探訪-富士塚の石造物の謎解き-」
清瀬の富士講を紹介しながら、中里の富士塚に存在する石造物の謎を解いていきます。
講師中野 光将(郷土博物館職員)
募集人数30名(先着受付)
申し込み5月15日午前9時より電話で受付
郷土博物館(042)493-8585
片方の講座だけでも受講することが可能です。
スタンプラリー開催事業スタンプラリー開催事業です。

第16回テーマ展示「途絶えた郷土芸能中里万作」開催に伴い、市内に残る文化財・史跡を紹介する講座を開催します。

このページに関する問い合わせ先

郷土博物館事業係
郵便番号:204-0013
住所:東京都清瀬市上清戸2-6-41
電話番号(直通):042-493-8585
電話番号(代表):042-493-8585
ファクス番号:042-493-8808

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。