メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

トップページ > 教育・文化・スポーツ > 生涯学習 > 第9回石田波郷俳句大会の俳句を募集

第9回石田波郷俳句大会の俳句を募集

更新日:2017年05月02日

秋の文化事業のひとつとして、第9回清瀬市石田波郷俳句大会を10月29日(日曜日)に清瀬けやきホールで開催します。清瀬にかかわりが深く、現代の俳句文学に偉大な功績を残した俳人石田波郷をたたえ、名前を冠にいただいた全国規模の大会です。清瀬から文化の発信が出来ればと考えています。皆さんの投句をお待ちしています。

石田波郷(いしだはきょう)は、清瀬のサナトリウムで療養した作家のなかでも、清瀬市民に縁の深い俳人です。清瀬の病床で詠まれた句集「惜命」、随想集「清瀬村」や清瀬中学校の校歌の作詞でも知られています。昨年の第8回俳句大会は、一般の部、ジュニアの部、新人賞の部、合わせて1万1千8百句にあまる応募があり、市の内外から高く評価されました。(社)俳人協会、角文化振興財団、現代俳句協会の後援を得ました。清瀬の街おこしの事業として全国的に展開いたします。
 
大会では、「一般の部」と、小中学生を対象とした「ジュニアの部」、今後の活躍が期待される若手俳人を対象に「石田波郷新人賞」など各部門の入選作品の講評と表彰式を行います。また、能村研三氏による講演や石田波郷展を予定しています。なお、主催は「清瀬市石田波郷俳句大会実行委員会」が行います。

【日時】10月29日(日曜日)
【会場】清瀬けやきホール
◆各表彰式と選者講評(ジュニアの部・一般の部・新人賞)
◆講演/能村研三氏
◆石田波郷展
クレアビル4階展示スペースにて10月24日(火曜日)から29日(日曜日)まで開催(予定)。石田波郷の業績パネル、色紙、写真、入選作品等の展示を行います。

波郷の清瀬

石田波郷は、昭和23年5月に当時の国立東京療養所(東療)に入所しましたが、随筆『清瀬村』で清瀬のゆたかな自然について賛嘆し石田波郷ています。

  ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※  
 
 私は俳句をやる患者達と語らつてよく散歩をした。北多摩郡も埼玉県に近い清瀬村は雑木林の多いところで、特に医療区には多く遺されてゐる。 清瀬村の春は、梅にはじまつて雑木林の中に混じつて咲く辛夷の花から、桃、桜と咲きつつ緑を深め、馬酔木、連翹、雪柳、蘇芳が人家の垣を彩り、さまざまの野草が可憐な花を競ふ。療養所に生を養ふ肉親を訪ねる見舞人達が、病人へとひたむかふ足をとめて嘆称するだけのうつくしさがあるのである。

 草木瓜や故郷のごとき療養所  波郷
  昭和二十八年。だんだん忙しくなつて清瀬の療養所を訪ふことはまれになつたが、私にはいつまでも療養所は故郷の思があつた。(「春嵐」私注より)
 
  ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

俳句の募集

  • ジュニアの部

【対象】小・中学生
【内容】自由
【応募方法】下記の関連ファイルにある所定の用紙または200字詰め原稿用紙に1句単位で記入。氏名、学校名、学年を明記してください。
【投句料】不要
【応募締め切り】9月8日(必着)
【選者】高澤晶子(「花林花」)、谷村鯛夢(「炎環」)、永井潮(「多摩現代俳句協会」)、細見逍子(「隗」)

※選者の先生による清瀬市内の小学校、中学校への出前授業。また、放課後子ども教室の「まなべー」や「サタデースクール」に市民の俳人も参加して指導にあたります。学校単位の投句も受け付けます。(学校の都合で期日に遅れる場合はご連絡下さい)
※入選作品は、大会作品集に掲載されます。また俳句関連書籍・市報・新聞等に掲載、利用されることがございます。予めご了承ください。

  • 一般の部

【対象】どなたでも可能
【内容】2句1組。波郷・清瀬に思いを寄せる句1句と自由題1句または自由題2句。
【応募方法】投句は所定の用紙を使用(コピー可)。下記の関連ファイル又は、各地域市民センター等にあります。
【投句料】一般の部には投句料(千円)が必要となります。郵便振替でお願いします。
【応募締め切り】7月31日(当日消印有効)
【選者】石寒太(「炎環」主宰)、奥坂まや(「鷹」同人会会長)、鈴木しげを(「鶴」主宰)、高橋悦男(「海」主宰)、徳田千鶴子(「馬酔木」主宰)、西村和子(「知音」代表)、能村研三(「沖」主宰)

※応募作品は採録作品集を作成して応募者に送付します。詳細は投句用紙の応募要項を参照ください。

  • 石田波郷新人賞

【対象】30歳以下の方
【内容】自由・20句1組(表題をつける)。
【応募方法】応募用紙は原稿用紙を使用。氏名、性別、生年月日、住所、電話番号、学生は学校名を明記の上送付。 下記の新人賞送信フォームからも応募できます。
【投句料】不要
【応募締め切り】7月31日(当日消印有効)
【選者】岸本尚毅(「天為」)、佐藤郁良(「群青」)、斎藤朝比古(「炎環」)、甲斐由起子(「祥」)
【賞】新人賞1名(副賞5万円)・準賞2名(副賞2万円)

それぞれの応募に関しては、以下の問い合わせ先に郵送してください。

関連ファイル

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。

Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

関連リンク

このページに関する問い合わせ先

生涯学習スポーツ課生涯学習係
郵便番号:204-0021
住所:東京都清瀬市元町1-2-11 アミュー5階
電話番号(直通):042-495-7001
電話番号(代表):042-492-5111
ファクス番号:042-495-7007

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。