メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

トップページ > くらしの情報 > ごみ > 令和元年6月20日(木曜日)柳泉園の施設で火災が発生しました

令和元年6月20日(木曜日)柳泉園の施設で火災が発生しました

更新日:2019年06月24日

 中間処理施設である柳泉園組合の不燃・粗大ごみ処理施設内において、令和元年6月20日(木曜日)、火災が発生しました。この火災における、設備の損傷及び人的被害は無く、原因の特定はできませんでしたが、リチウムイオン電池等が発火の原因と推測されます。

 関係市(清瀬市、東久留米市、西東京市)から柳泉園組合に搬入される不燃ごみの中には、リチウムイオン電池等及び中身の残っているスプレー缶やライター等が混入されている場合があります。柳泉園組合では、作業員が目視により確認しながら手選別により、スプレー缶や危険なものを事前に取り除いていますが、誤った分別をすると、手選別が困難になるばかりか作業員が負傷する事故や機械の故障など大事故が発生し、ごみ処理が滞ってしまいます。


このような事故を未然に防ぐために…

 〇リチウムイオン電池などの充電池は、一般社団法人JBRCが推奨する回収拠点または使用済み小型家電のボックスへ出してください。

 〇乾電池やボタン電池は、有害ごみボックス(赤色)へ出してください。

 〇スプレー缶やライターなどは、市の指定収集袋には入れず、透明または半透明の袋に「き」と書いて不燃ごみの日に出してください。

 分別の徹底にご協力をお願いいたします。

関連リンク

このページに関する問い合わせ先

ごみ減量推進課ごみ減量推進係
郵便番号:204-0001
住所:東京都清瀬市下宿2-553
電話番号(直通):042-493-3750
電話番号(代表):042-492-5111
ファクス番号:042-495-9333

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。