メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

トップページ > くらしの情報 > ごみ > ライターやスプレー缶、カセットボンベなどのごみの出し方

ライターやスプレー缶、カセットボンベなどのごみの出し方

更新日:2016年11月04日

ライターやスプレー缶、カセットボンベなどのごみの出し方について

 平成28年10月28日(金曜日)午前10時40分頃、柳泉園組合粗大ごみ処理施設の破砕機内でカセットボンベ等が原因と思われる爆発事故が発生しました。
 今回の爆発による人身事故はなく、破砕機内用の照明器具の破損等がありましたが、ごみ処理に大きな支障はありません。
 
 発生時は、現場従事者(委託業者)より119番通報を行いました。組合職員も事務所で連絡を受け、ただちに119番通報を行い、現場確認を行いました。
 午前10時50分頃に消防機関、引き続き警察が到着しました。
 組合職員が立ち会って説明し、現場検証が行われ、12時20分頃、全員撤収しました。

 ライターやスプレー缶、カセットボンベなどは、市の指定収集袋には入れず、透明または半透明の袋に「き」と書いて、不燃ごみの日に出してください。

 指定収集袋に入れず、分別することで今回のような爆発事故は防ぐことができますが、より安全にそしてごみ処理業務が停止しないようにするため、スプレー缶などの中身は使い切ってから、ごみ出ししてください。中身が残っている場合はお手数ですが、ごみ減量推進課(下宿にある清掃事務所)へお持ちください。


280830.jpg


ごみの分別にご協力よろしくお願いします。

このページに関する問い合わせ先

ごみ減量推進課ごみ減量推進係
郵便番号:204-0001
住所:東京都清瀬市下宿2-553
電話番号(直通):042-493-3750
電話番号(代表):042-492-5111
ファクス番号:042-495-9333

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。