メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

トップページ > まち・環境 > 環境・衛生・公園 > 環境 > ナガミヒナゲシについて

ナガミヒナゲシについて

更新日:2017年06月06日

ナガミヒナゲシとは

 
ナガミヒナゲシとは、ケシ科ケシ属の植物で、原産地は地中海沿岸。茎は高さ10cm~60cmで直立し、大きい株では上部で分枝するものも見られます。
オレンジ色がとてもきれいな花ですが、各地で野生化し、近年都市部で急激に生息域が増加しているといわれています。
特定外来生物ではありませんが、他の植物の育成を妨げる成分を含んだ物質を根から出すことから、特定外来生物と同様に生態系等に大きな影響を与える植物です。花がきれいなので、突然生えてきても、抜かれずに残されていることもよくあります。自宅の庭などでこれらの植物が生育している場合、その駆除について御理解と御協力をお願いします。


駆除の方法

 ナガミヒナゲシは抜き取る際、茎からでる液で手を汚してしまうことがありますので、ゴム手袋などを装着してください。自宅の庭などで生育している場合は、種ができる前に根元から抜き取り、ビニール袋等に密封して可燃ごみに出してください。種ができている場合は、種が飛ばないよう十分注意してください。


nagamihinagesi

このページに関する問い合わせ先

水と緑の環境課環境衛生係
郵便番号:204-8511
住所:東京都清瀬市中里5-842 清瀬市役所3階
電話番号(直通):042-497-2099
電話番号(代表):042-492-5111
ファクス番号:042-492-2415

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。