メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

トップページ > 健康・福祉・子育て > 子育て(小学生以上) > 子供の食の確保緊急対応策事業について

子供の食の確保緊急対応策事業について

更新日:2020年09月14日

1.事業の目的

 この事業は、地域の子供やその保護者が気軽に立ち寄り、栄養バランスの取れた食事をとりながら、相互に交流を行う場を提供する取組を行う子供食堂を支援するとともに、新型コロナウイルス感染症に伴い、「子供の食の確保」への緊急対応として、在宅の子供やその保護者を対象に、食事の提供(子供食堂等で調理・用意したお弁当や食材を配布、または宅配でお弁当を子供の自宅へ届けるなど)を行う子供食堂等を支援することを目的としています。

 

2.補助金の交付内容

 地域の子供やその保護者が気軽に立ち寄り、栄養バランスの取れた食事をとりながら、相互に交流を行う場を提供し、また、在宅の子供やその保護者を対象に、食事の提供を行う子供食堂等に対して、事業に利用する消耗品費、会場の賃料、車両の賃借料、通信費、郵便代、保険料などの経費(人件費等は対象外)を補助するもので、年間、1団体170万円が上限額です。

 ただし、次のいずれかい該当する場合には、対象外です。

(1)新型コロナウイルス感染症に伴って実施の必要性が生じたものと認められないもの

(2)他の公的制度の対象となっている事業、他の制度により補助されている事業、他の都制度の補助要件を満たさないために補助対象外とされる事業専ら金銭の支給、料金の減免等の経済的給付を目的とする事業等

(3)営利目的であると。

(4)暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条第2号に規定する暴力団と関係があると認められる団体等

(5)公序良俗に反する活動と認められるもの

 

3.条件

(1)子供食堂等の職員は、利用する子供や保護者の相談に応じるとともに、必要に応じてニーズに対応した関係機関につなぐよう努めるものとする。なお、虐待が疑われる場合等、早急な対応が必要な場合は子ども家庭支援センター等に対して通告を行うこと。

(2)事業の開始前に管轄の保健所に相談し、指導・助言を求めること。

(3)食事の提供における食品の安全確保を図るため、食品衛生法(昭和22年法律第233号)及び各種法令、通知等に基づく適切な衛生管理体制を構築すること。

(4)参加する子供の食物アレルギーの有無を確認すること。

(5)食中毒予防等の衛生管理には万全を期すること。

(6)新型コロナウイルス感染症の感染防止のために、徹底した感染予防対策を講じること。

(7)事故発生時の対応方法や連絡体制をあらかじめ定めるとともに、職員に周知徹底を図ること。

 

4.申請等

 この補助金の交付を受けるためには、交付申請、事業計画書等の提出が必要になります。また、補助金交付後、実績報告をしていただく必要があります。申請期限は、令和2年10月15日(木曜日)までとなります。詳細につきましては、ご担当まで、お問い合わせください。

なお、連絡会に出席している既存の子供食堂には、別途、申請通知をお送りしますので、その通知により申請してください。

このページに関する問い合わせ先

子ども家庭支援センター子ども家庭支援係
郵便番号:204-0012
住所:東京都清瀬市中清戸3-235-5 児童センター内
電話番号(直通):042-495-7701
電話番号(代表):042-492-5111
ファクス番号:042-495-7702

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。