メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

トップページ > 健康・福祉・子育て > 子育て(未就学児) > 認可外保育施設等の幼児教育・保育の無償化について

認可外保育施設等の幼児教育・保育の無償化について

更新日:2019年12月06日

対象施設、事業

一般的な認可外保育施設、地方自治体独自の認証保育所、ベビーシッター、認可外の事業所内保育、一時預かり事業、病児・病後児保育事業、ファミリー・サポート・センター事業

 

対象となる方

無償化の対象となるのは、次のいずれかに当てはまる方です。


(1)保育の必要性の認定を受けた世帯の3歳~5歳の児童(4月1日現在の年齢)

(2)保育の必要性の認定を受けた住民税非課税世帯の0歳~2歳の児童(4月1日現在の年齢)


利用料の無償化の限度額

認可外保育施設等の利用料の無償化の限度額は、次の通りです。

(1)3歳~5歳の児童:月額上限37,000円

(2)0歳~2歳の児童:月額上限42,000円

※各施設の料金(給食費などを除いた額)と月額上限のいずれか低い額が対象です。

※利用料には、給食費や延長保育料、教材費、行事代、入園料などは含みません。(これらの経費は無償化の対象外です。)

※認可外保育施設等のサービスを複数利用した場合は、その費用を合算した額と月額上限のいずれか低い額が対象です。


必要な手続き

対象となる方は、無償化の開始前に認定の申請をしていただく必要があります


提出書類(下記「関連ファイル」よりダウンロードできます。)

(1)施設等利用給付認定申請書(2号・3号)

(2)保育の必要性を証明する書類(同居する父母及び20歳以上65歳未満の同居者分)
      ※必要書類については、下記をご確認ください。

(3)保育所等利用申し込み等の不実施に係る理由書
 ※(2)保育の必要性を証明する書類の一覧
保護者の状況提出が必要な書類備考
常勤・パート・内職等で働いている場合(育休特例の場合も含む)または就労内定先がある場合 ・就労証明書(指定様式) ・勤務先に記入の依頼をしてください。
・育児休業中の方は産休/育休の取得(予定)欄の記載または証明書の提出が必要です。
・就労先等が二か所以上の方は、それぞれの就労先の証明書をご提出ください。
 自営業、自営業の協力者、個人事業主、フリーランスの場合 ・就労証明書(指定様式)
・確定申告書、開業届、登記簿謄本等就労状況を証明できるものの写し
・自営業の協力者は確定申告書、収支内訳書、決算書の写しまたは源泉徴収票
 就労証明書と合わせて、自営業を行っていることが確認できる書類の提出が必要です。
 妊娠・出産の場合 ・就労証明書(指定様式)
・母子手帳の写し(表紙と出産予定日がわかるページ) 
 就労証明書の裏面の保護者記入欄の「出産」に〇をつけた上で、具体的な状況をご記入ください。
 保護者が病気、または心身に障害がある場合 ・就労証明書(指定様式)
・医師の診断書または障碍者手帳等のコピー
 就労証明書の裏面の「病気」に〇をつけた上で、具体的な状況をご記入ください。
 介護・看護の場合 ・就労証明書(指定様式)
・医師の診断書又はケアプラン等のコピー
・介(看)護状況届出書(指定様式)
 就労証明書の裏面の「介護」に〇をつけた上で、具体的な状況をご記入ください。
 求職活動の場合  ・就労証明書(指定様式) 就労証明書の裏面の「求職」に〇をつけた上で、具体的な状況をご記入ください。 
 就学の場合  ・就労証明書(指定様式)
・在学証明書または学生証のコピー
・時間割
 就労証明書の裏面の「就学」に〇をつけた上で、具体的な状況をご記入ください。



保育の必要性の認定

清瀬市から保育の必要性の認定を受けるためには、保護者のいずれもが、下記の事由のいずれかに該当することが必要です。


 項目保育を必要とする事由
1 就労 保護者が月12日以上かつ月48時間以上働いている場合
(ただし1日4時間を下回る場合は3か月以内に1日4時間以上の就労をすることが必要)
2 出産 保護者が出産する場合(出産予定月及びその前後各2か月の最長5か月以内)
3 疾病・障害 保護者が疾病、負傷、心身の障害などにより児童の保育ができない場合
4 介護・看護 保護者が常時かつ長期に看護、介護にあたっている場合
5 災害復旧 保護者が火災等による家屋の損傷、その他災害復旧にあたっている場合
6 求職 保護者が求職中の場合(3か月以内に就労することが必要)
7 就学 保護者が週3日以上かつ昼間4時間以上の就学の場合
8 育休特例利用 育休期間中の特例(※育児休業取得中にすでに保育を利用している子どもがいて継続利用が必要である場合、
育児休業の対象の子が1歳になる日の属する年度の年度末(3月末日)まで)
9 その他 その他、上記に類する状態として市長が認める場合

 

書類の提出先、提出期限

 提出期限提出先
既に認可外保育施設等を利用していて、10月以降も引き続き利用する方 令和元年9月10日(火曜日) 清瀬市子育て支援課保育・幼稚園係
(清瀬市役所2階)
今後利用を予定している方 利用開始日の前月の20日まで
※清瀬市外の認可外保育施設等を利用している方についても、清瀬市への申請となります。

このページに関する問い合わせ先

子育て支援課保育・幼稚園係
郵便番号:204-8511
住所:東京都清瀬市中里5-842 清瀬市役所2階
電話番号(直通):042-497-2086(保育園・幼稚園)、042-497-2087(給食・保健)
電話番号(代表):042-492-5111
ファクス番号:042-492-2415

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。