メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

トップページ > 健康・福祉・子育て > 子育て(未就学児) > 清瀬市子どもの発達支援・交流センター とことこ > 「子どもの発達支援・交流センター とことこ」とは

「子どもの発達支援・交流センター とことこ」とは

更新日:2014年10月17日

交流センター1

清瀬市子どもの発達支援・交流センター とことこは、清瀬市在住の本人やお子さんの発達に不安を持つご家族と関係者を対象に相談支援・発達支援・療育支援を行います。
とことこは清瀬市が設置し、社会福祉法人嬉泉(きせん)が管理・運営をしています。
地域の誰もが利用しやすいセンターを目指して、子育てのための支援機関とも協力しながら、さまざまな専門分野のスタッフがサポートしていきます。

リンク
社会福祉法人 嬉泉(外部リンク)

相談支援

お子さんの発達に不安を感じるご家族の相談をお受けします。
「悩みはあるけど、誰に相談したらよいのかわからない」
そんな時に、まずこちらへご連絡ください。
たとえば

  • 子どもの発達に不安を感じる
  • 子どもとどう関わってよいかわからない
  • ことばが遅れている
  • 友達とうまく遊べない

そんな不安な気持ちに寄り添いながら一緒に考えていきます。また、悩みごとに応じて必要な情報を提供します。

相談受付について

相談をご希望の方はまず電話にてご連絡ください。
受付は月曜日から金曜日の午前9時30分から午後5時まで(正午から午後1時までを除く)です。
注:相談料金は無料です。

発達支援

さまざまな専門分野のスタッフ(社会福祉士・言語聴覚士・臨床心理士・保育士・医師・看護師など)が、お子さん一人ひとりの発達に合わせて支援を行います。
こころ・からだ・ことばなどの発達について、お手伝いします。

研修・講習

とことこでは専門分野の講師を招いて、保護者・保育士・学校の先生・その他支援に携わる方をなどを対象とした研修や講座を開催してます。
学習と交流の場として、気軽にご参加ください。

通園サービス

毎日通園するお子さんのクラスと、保育園・幼稚園に在籍しているお子さんが通えるクラスがあります。
個別あるいは集団のなかで、一人ひとりの特徴と個性に合わせて、発達を支えながら、日常生活に必要な能力を育んでいきます。
豊かな集団生活と遊びのなかで、いろいろな体験を積み重ねていきながら、社会性を身に付ける支援を大切にします。
さまざまな専門分野のスタッフが療育に携わりながら、子どもの育ちを応援し、子育てを支えます。

利用料金

児童福祉法による利用者負担があります。

利用方法

センターまでお問合せください。

問合せ・相談

  • 住所
    郵便番号 204-0023 東京都清瀬市竹丘1-15-8
  • 電話番号  042-495-3030
  • ファクス番号  042-495-3031

交流センター地図

注:図の中の「都立小児病院」は平成22年に府中市の東京都立小児総合医療センターに統合されました。

  • 西武池袋線 清瀬駅南口 徒歩20分
    西武バス利用の場合(清瀬駅南口より)
  • 花小金井駅 下里団地経由
    (清02 清02-1 清03 清03-1 循環) 
    久米川駅(所46 久11)
    に乗車、梅園で下車徒歩3分。

関連リンク

このページに関する問い合わせ先

障害福祉課障害福祉係
郵便番号:204-8511
住所:東京都清瀬市中里5-842 清瀬市役所1階
電話番号(直通):042-497-2073
電話番号(代表):042-492-5111
ファクス番号:042-492-5139

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。