メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

トップページ > くらしの情報 > 税・保険・年金 > 市・都民税(住民税) > 市・都民税(住民税) > 平成29年度市・都民税の納税通知書及び課税・非課税証明書について

平成29年度市・都民税の納税通知書及び課税・非課税証明書について

更新日:2017年06月05日


平成29年度市民税・都民税(市・都民税)が課税となり、納付方法が下記に該当する方には6月13日頃に納税通知書を発送いたします。

1.納付方法が普通徴収(個人で納付)である

2.納付方法が公的年金からの特別徴収(引き落とし)となっている (後述)


※納付方法が給与からの特別徴収となっている方には、5月に「特別徴収税額の決定通知書」を勤務先を通して送付します。ただし、給与以外の所得がある方などには、その所得分に係る市・都民税について別途納税通知書を送付する場合があります。

納税通知書には、所得・控除の内訳や各期の納付額・納期限などが記載されておりますので、必ずご確認ください。

なお、非課税の方には通知書などは送付しません。

 
 

平成29年度の課税・非課税証明書は

平成29年度の課税・非課税証明書は、平成29年6月13日(火曜日)頃から市役所や松山・野塩出張所でお取りいただけます。

6月中は、窓口が大変混雑すると予想されますのでご了承ください。

自動交付機につきましては、平成29年6月13日(火曜日)頃から平成29年度課税・非課税証明書の交付を開始します(ただし、きよせ市民カードを持っている方で本人分のみ発行可能)。

※平成28年度以前の証明書については、6月13日以降、自動交付機で取得することはできませんので、窓口あるいは郵送で申請してください。


課税・非課税証明書は、郵送で請求することもできます。詳しくは下記リンクをクリックしてください。

お急ぎの方は、市役所か出張所の窓口で申請をしてください。なお、市役所の場合は市民課で土曜窓口を開設しています。


《注意》
平成29年度(平成28年分)の市・都民税の申告あるいは所得税の確定申告をされていない方で同居の親族の扶養になっていない方は、課税・非課税証明書の発行ができません。今から申告した場合、課税・非課税証明書を発行するまでには日数を要しますので、お早めにご相談ください。



今年度から、年金特別徴収となる方へ

平成29年4月1日現在で65歳以上の方は、公的年金等に係る市・都民税について、異動のない限り年金から特別徴収されます。
年金特別徴収として引かれるのは、複数の所得がある場合でも公的年金等に係る市・都民税のみです。

今年度から新たに、または再び年金特別徴収となる方は、年度途中の10月から納付方法が切り替えとなります。そのため今年度は、2分の1相当額をまず普通徴収による納付方法で、第1期・第2期に納めていただきます。納め忘れのないよう、ご注意ください。
残りの約2分の1は、平成29年10月及び12月・平成30年2月の公的年金から特別徴収されます。

次年度以降は原則として、年金支給月ごとに市・都民税が特別徴収されます。



 

皆さんからよくある質問


Q1.給与収入で、普通徴収から特別徴収に切り替える場合はどうしたら良いですか?

A1.給与からの特別徴収にするには、勤務先から清瀬市に「特別徴収への切替申請書」を提出していただく必要があります。勤務先の給与担当者に特別徴収できるかご確認の上、給与担当者に納税通知書(口座振替ではない方は納付書を添付)をお渡しください。ただし、納期限が過ぎたものは切り替えることができませんのでご注意ください。



Q2.昨年より税額が上がったのはなぜですか?

A2.よくあるケースは以下のものです。
   a.所得が増えた・・・給与収入が上がった、土地等の不動産を売却した、会社からの配当を受け取った、など。
   b.所得控除が減った・・・医療費が減った、子どもがアルバイトを始めたため扶養から外れた、など。
   c.税額控除が減った・・・一昨年と寄附金の額が異なる、など。



Q3.現在清瀬市に住んでいないのに納税通知書が届いたのはなぜですか?   

A3.平成29年1月1日現在に居住していた住民登録地にて住民税(清瀬市では、「市・都民税」)は課税されるので、転出していても今年度は清瀬市で1年度分の市・都民税を納めることになります。翌年度の住民税から転出先での課税となります。



Q4.年金から住民税がひかれているのに納税通知書が届いたのはなぜですか?

A4.平成29年4月1日現在で65歳以上の方は、原則として年金から市・都民税が特別徴収(天引き)されます。発送した納税通知書は年金からの特別徴収税額を通知するためのものです。ただし、年金以外の収入がある場合は、年金以外の収入分については年金特別徴収を行わないため、普通徴収(または給与特別徴収)にて課税されます。



このページに関する問い合わせ先

課税課市民税係
郵便番号:204-8511
住所:東京都清瀬市中里5-842 清瀬市役所1階
電話番号(直通):042-497-2040(市民税)、042-497-2041(軽自動車・法人)
電話番号(代表):042-492-5111
ファクス番号:042-492-2415

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。