メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

トップページ > 市政情報 > マイナンバー制度(社会保障・税番号制度) > マイナンバー(社会保障・税番号)制度

マイナンバー(社会保障・税番号)制度

更新日:2015年12月25日

○ マイナンバー(社会保障・税番号)制度とは?

住民票を有するすべての方に1人1つの12桁の番号(マイナンバー)を付して、社会保障、税、災害対策の分野で効率的に複数の機関に存在する個人の情報が同一の情報であることを確認するために活用されます。   マイナちゃん
行政を効率化し、国民の利便性を高め、公平・公正な社会を実現することを目的としています。

マイナンバーは、社会保障、税、災害対策の手続きのために、国や地方公共団体、勤務先、金融機関、
年金・医療保険者などに提供するものです。定められた目的以外にむやみに他人にマイナンバーを提
供することは、法律で禁止しています。


○ どのようなときに利用する?

国の行政機関や地方公共団体などで、社会保障、税、災害対策の分野で利用され、年金・雇用保険・医療保険の手続、生活保護・児童手当その他福祉の給付、確定申告などの税の手続において、申請書等にマイナンバーの記載を求められることとなります。
また、事業主や証券会社、保険会社などが個人に代わって手続きを行うこととされている場合もあり、勤務先や証券会社、保険会社などの金融機関にもマイナンバーの提出を求められる場合があります。 


○ いつから

平成27年10月から、マイナンバーが記載された「通知カード(紙製)」を、住民票を有するすべての方や中長期在留者や特別永住者などの外国人の方に通知されます。
「通知カード」は、顔写真が入っていませんので本人確認のときには、別途顔写真が入った(運転免許証等)の提示などが必要になります。
kojin_card
平成28年1月から「個人番号カード」の交付がはじまります。
「個人番号カード」は、本人確認のための身分証明書として使えるほか、e-Tax等様々なサービスに利用できます。




○ 清瀬市における取組み

マイナンバー制度導入に向け、導入範囲に係る基本方針を策定し、清瀬市における事務の見直し・検討を行っています。
また、マイナンバーや特定個人情報を取り扱う事務においては、事前に特定個人情報保護評価を行い、特定個人情報保護評価書を作成し特定個人情報保護委員会へ提出し公表します。

マイナンバー基本方針
 


○ 特定個人情報保護評価書

特定個人情報保護評価書は「特定個人情報保護評価委員会」のサイトで公表しています。

※特定個人情報保護評価書は、下記のリンクをクリックし、サイト内の「評価実施機関名」に東京都清瀬市長と入力して、検索してください。

こちらをクリック→ マイナンバー保護評価(評価書閲覧)(外部リンク)

 

○ 清瀬市特定個人情報の安全管理に関する基本方針 

特定個人情報の適正な取扱いを確保するため、安全管理に関する基本方針を策定し、公表しています。

こちらをクリック→ 清瀬市特定個人情報の安全管理に関する基本方針

 

関連リンク

このページに関する問い合わせ先

情報政策課情報推進係
郵便番号:204-8511
住所:東京都清瀬市中里5-842 清瀬市役所3階
電話番号(直通):042-497-1845
電話番号(代表):042-492-5111
ファクス番号:042-492-2415

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。