メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

トップページ > 教育・文化・スポーツ > 市史編さん > 『市史研究 きよせ』刊行のお知らせ

『市史研究 きよせ』刊行のお知らせ

更新日:2018年07月31日


市史編さん事業の途中経過をご報告するため、平成27年度より『市史研究 きよせ』を刊行しています。
各号の詳細は、以下をご覧ください。

『市史研究 きよせ』は、市内図書館でお読みいただけるほか、市役所1階受付と郷土博物館で販売しています。

是非、お手にとってお読みください。


『市史研究 きよせ』第3号刊行!

『市史研究 きよせ』第3号を刊行しました。
表紙は、平成29年に開設100周年を迎えた秋津駅の昭和40年頃の写真。
巻頭カラーページでは、国の重要有形民俗文化財に指定された「清瀬のうちおり」や、気象衛星センターに関連する写真をご紹介しています。

古文書調査や聞き取り調査といった専門部会の活動を報告するほか、清瀬市郷土博物館の学芸員による清瀬の鉄道についてなど、様々な記事を掲載しています。

市史研究表紙(第3号).jpg 目 次 口絵  北条氏照判物
    「清瀬のうちおり」
    きよせ懐かし写真館 ~気象衛星センター~
平成28・29年度の古文書調査報告  古代・中世部会
    古文書原文確認 栃木県矢板市 長沢進氏所蔵北条氏照判物
        ―「正木武膳家譜」所収氏照文書写の原本―
    史料紹介 茨城県水戸市 江口正紀氏所蔵北条文書
    研究ノート 「上杉家文書」における北条氏照文書について
重要有形民俗文化財 「清瀬のうちおり」
市民が語る清瀬の歴史  近代部会・現代部会
    清瀬の農協と農業―齊藤靖夫さんに聞く―
講演会報告「中世の清瀬市域 ―ゆかりの人物と文書を追って―」
専門部会の動き
   考古部会
   古代・中世部会
   近世部会
   近代部会
   現代部会
石碑・石仏探訪  清瀬市史編さん委員
     「ここに清瀬病院ありき」の碑  小西一午
    野塩の庚申塔           岡田耕輔
行政資料から見る清瀬の鉄道  清瀬市郷土博物館学芸員 中野光将
  ―武蔵野鉄道清瀬・秋津駅と幻の東京青梅電気鉄道清瀬駅― 
市史編さん覚書
   基本方針
   編さん委員会開催状況
   「市史で候」タイトル一覧
   関係者名簿
サイズ A5
頁 数 90頁
価 格 1冊300円
販売場所 清瀬市役所1階受付
清瀬市郷土博物館


  

『市史研究 きよせ』第2号刊行!

昨年創刊された『市史研究 きよせ』第2号を刊行しました。
本号は、古代・中世部会による「平成27年・28年度の古文書調査報告」や、近代部会・現代部会が3名の方に戦争の聞き取り調査を行なった「市民が語る清瀬の歴史」、5つの部会の活動報告と部会長の紹介をする「専門部会の動き」など、盛りだくさん。
創刊号ではモノクロだった「きよせ懐かし写真館」もカラーとなりました!

 

市史研究表紙(第2号) 目 次 口絵  大石真月斎の受給文書
        きよせ懐かし写真館 ~清瀬駅北口~
平成27年・28年度の古文書調査報告 古代・中世部会
        新出史料紹介「東寺観智院金剛蔵文書」上杉憲顕奉書写          木下 聡
        大阪青山歴史文学博物館所蔵 大石真月斎の受給文書の紹介      小川 雄
        研究ノート「正木武膳家譜」について―北条氏照発給文書を中心に―  石渡洋平
        新出史料紹介 一色氏久宛て「北条氏照書状」について          新井浩文
市民が語る清瀬の歴史 近代部会・現代部会
        清瀬の空襲(1)―金子長平さんに聞く― 
        清瀬の空襲(2)―村山清治さんに聞く―
        清瀬の空襲(3)―齊藤靖夫さんに聞く―
講演会報告「清戸の戦国と江戸 ~『市史研究 きよせ』を読む~」
専門部会の動き
        考古部会
        古代・中世部会
        近世部会
        近代部会
        現代部会
市史編さん覚書
        基本方針
        編さん委員会開催状況
        「市史で候」タイトル一覧
        関係者名簿
サイズ A5
頁 数 80頁
価 格 1冊300円
販売場所 清瀬市役所1階受付
清瀬市郷土博物館


 

『市史研究 きよせ』第1号刊行!

かつて清瀬の歴史をまとめた『清瀬市史』が刊行されてから、早40年。
人々の暮らしの様子は大きく変わり、歴史に関する研究も進んでいます。
そのため、清瀬市では新たな市史を刊行するべく、市史編さん事業を平成26年より開始しました。

そしてこの度、平成26年・27年の活動の成果を1冊にまとめた『市史研究 きよせ』第1号を刊行しました!

内容は以下の通りです。

 
 完売御礼.png    
市史研究表紙(第1号)

目 次 発刊にあたって      清瀬市長 渋谷金太郎
市史編さんに向けて    清瀬市史編さん委員会
論文 長命寺開山感誉存貞に関する考察
         ―浄土宗系史料の検証を中心として―  小川雄
清瀬の昔をきく  団体代表委員・専門部会情報交換会
きよせ懐かし写真館
清瀬年表
平成27年度専門部会活動報告(古代・中世部会)
市史編さん覚書
       基本方針
       編さん委員会開催状況
       「市史で候」タイトル一覧
       関係者名簿
サ イ ズ A5
頁 数 73頁
価 格 1冊300円
販売場所 清瀬市役所1階受付
清瀬市郷土博物館
配架場所  市内各図書館でご覧いただけます
 

『市史研究 きよせ』は、今後は毎年刊行し、その年の調査・研究活動をご報告します。
本誌を通して、是非皆様に清瀬の歴史や、市史編さん事業をより身近なものとして感じていただきたいと思います。



このページに関する問い合わせ先

市史編さん室市史係
郵便番号:204-8511
住所:東京都清瀬市中里5-842 健康センター2階
電話番号(直通):042-497-1813
電話番号(代表):042-492-5111
ファクス番号:042-492-2415

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。