メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

トップページ > 清瀬市ガイド > プレスリリース > 古紙持ち去り「近隣3市広域的なGPS追跡調査」を行います(2013年8月8日発表)

古紙持ち去り「近隣3市広域的なGPS追跡調査」を行います(2013年8月8日発表)

更新日:2014年07月21日

古紙持ち去り「近隣3市広域的なGPS追跡調査」を行います 清瀬市・東久留米市・西東京市の3市で連携

後を絶たない持ち去り行為への防止対策として、9月よりGPSを導入

清瀬市では、市条例により所定の場所に出された資源物は市の所有物としており、第三者による持ち去りを禁止しています。しかし、これまでの市によるパトロール実施では目立った効果が出ず、持ち去り行為が後を絶ちません。
そのような行為の防止対策として、近隣3市「清瀬市・東久留米市・西東京市」が連携し、所定の場所の古紙にGPS(全地球測位システム)専用機器を使った追跡調査を9月より始めます。 GPS追跡調査とは、市が専用機器を装着した古紙の束を所定の場所に置き、これを持ち去った車両を確認して、持ち去り後の古紙回収ルートを追跡し古紙受け入れ問屋を特定し、特定された問屋に対して持ち去り古紙を受け入れないよう指導を行っていくものです。

清瀬市及び東久留米市では、平成25年8月1日付でGPS追跡調査に関する覚書を「関東製紙原料直納商工組合」、「東多摩再資源化事業協同組合」と締結し、既に平成25年6月からGPS追跡調査を実施している西東京市との3市で連携した広域的な実施を行うこととしました。 資源物「古紙」の収集では、各自治体において地域別や曜日別に収集が行われていますが、3市「清瀬市、東久留米市、西東京市」調整のうえ、足並みをそろえたGPS追跡調査を実施することで、古紙持ち去り行為に対する抑止効果を高められ、より効果的な対策として期待されます。

今回の3市連携実施にあたっては、家庭ごみとして排出される廃棄物を共同で処理する中間処理施設「柳泉園組合」を、清瀬市、東久留米市、西東京市の3市で構成していることから、古紙持ち去り防止対策としてGPS追跡調査の広域連携を図ることとしました。

このページに関する問い合わせ先

秘書広報課広報広聴係
郵便番号:204-8511
住所:東京都清瀬市中里5-842 清瀬市役所2階
電話番号(直通):042-497-1808
電話番号(代表):042-492-5111
ファクス番号:042-492-2415

その他のお問合せ先

清瀬市都市整備部ごみ減量推進課(電話番号 042-493-3750)
東久留米市環境部ごみ対策課(電話番号 042-473-2117)
西東京市みどり環境部ごみ減量推進課(電話番号 042-438-4043)

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。