メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

トップページ > 清瀬市ガイド > プレスリリース > 東京清瀬市みつばちプロジェクト清瀬市役所産純粋はちみつの限定販売会(2018年8月29日発表)

東京清瀬市みつばちプロジェクト清瀬市役所産純粋はちみつの限定販売会(2018年8月29日発表)

更新日:2018年09月03日

 平成26年3月から市役所屋上で展開している「東京清瀬市みつばちプロジェクト」は今年で5年目を迎えます。
 5年目を記念し、今年初めての採れたての100%純粋はちみつ「Kiyohachi」の限定販売会を市役所正面玄関前に特設コーナーを設けて開催します。
 1日50個1人1個限定で4日間で200個販売し、それと同時に市内事業所とコラボをして商品化した、清瀬市役所産はちみつを使った「ひまわり畑マドレーヌ」と「きよはちモイスチャーハニージェル」もイベント特別価格で販売も行います。
 緑豊かな清瀬の花々の蜜からできた100%純粋はちみつの販売会をぜひ、取材にお越しください。

 販売会概要

  • 日時 9月4日(火曜日)から7日(金曜日)までのいずれも午前10時~午後2時
  • 販売品 清瀬市役所産はちみつ「Kiyohachi」80g800円(税込) 1日50個
          ※1人1個限定 売れ切れ次第販売終了。
          ひまわり畑マドレーヌ 通常価格163円(税込)→150円(税込)
          きよはちモイスチャーハニージェル 通常価格959円→800円(税込)
  • 場所 清瀬市役所正面玄関前特設販売コーナー

「東京清瀬市みつばちプロジェクト」とは

 清瀬市では、平成26年3月から地域の活性化、花のあるまちづくり事業の拡充、地元ブランドの創出を目的に、東京都初の自治体職員による養蜂「東京清瀬市みつばちプロジェクト」を市役所屋上でスタートをしました。
 清瀬の豊かな自然環境、健全に営まれている農業により、みつばちは着実に数を増やしていき、平成26年からの4年間で平均約64キロのはちみつを収穫することができました。収穫したはちみつは、清瀬市役所産はちみつ「Kiyohachi(きよはち)」として販売をする他、地産地消の促進のため、市内公立小中学校の給食や料理教室にも活用しています。また、市の歳入確保を目的として平成27年度からは、ふるさと納税の返礼品としても活用し、平成29年度までの3年間で220万円を超える寄付を受けています。

kiyohachi.pngの画像
kiyohachi(びん)
kiyohachi2.pngの画像
kiyohachi
moisture-gel.pngの画像
きよはちモイスチャーハニージェル
himawarimado.pngの画像
ひまわり畑マドレーヌ

その他のお問合せ先

総務部総務課営繕係
(電話)042-492-5111(内線524)  
(ファクス)042-492-2415

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。