メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

トップページ > 清瀬市ガイド > プレスリリース > 最先端映像技術展(2017年6月22日発表)

最先端映像技術展(2017年6月22日発表)

更新日:2017年06月21日

 清瀬市郷土博物館では、来たる7月29日(土曜日)から8月20日(日曜日)までの間(月曜休館)、最先端の映像技術を用いた6種類のアトラクションが体験できる参加型の企画展を開催します! 

体感!アトラクション

郷土博物館が開館して以来、初めての試みとなるこの企画展は、最先端の映像技術を使い、人の身体の動きに合わせてコンピューターが自動的に反応するインタラクティブ(対話的)システムコンテンツ及び360度のカメラアングル映像を自由に操作でき、高品質の3DVR(バーチャルリアリティ)の世界を体感できるといった最新のテクノロジーを楽しめます。

会期情報

【会期】 7月29日(土曜日)~8月20日(日曜日) 午前9時~午後5時(最終入場午後4時30分)

【休館日】毎週月曜日

【入場料】無料。アトラクションの利用券は1枚300円で6回分利用可能。

【会場】清瀬市郷土博物館 市民文化センターギャラリー  〒204-0013清瀬市上清戸2-6-41(電話) 042-493-8585 (Fax)042-493-8808

【アクセス】西武池袋線清瀬駅北口徒歩約10分(清瀬駅北口よりバス有)

image007.jpgの画像

その他のお問合せ先

郷土博物館
電話番号 042-493-8585

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。