メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

トップページ > 清瀬市ガイド > プレスリリース > 清瀬市男女平等推進条例「子どものためのガイドブック」を作りました!(2014年12月4日発表)

清瀬市男女平等推進条例「子どものためのガイドブック」を作りました!(2014年12月4日発表)

更新日:2014年12月04日

男女平等について、子どもたちにも伝えたい!
男女平等の視点をよりわかりやすく、身近に考えるには…
市民グループと教育委員会・男女共同参画センターがいっしょに考えました

清瀬市では平成18年に「男女平等推進条例」を施行しました。
そこでは以下の5つの基本理念を中心に、男女平等の実現を目指して市、市民、事業者、団体、教育に携わる者など市全体で取り組むことが記されています。

基本理念 5つの柱

  1. すべての人が個人として人権を尊重され、自分らしく生きることが保障されること
  2. 性別役割分業にとらわれず、自己の意志と責任による多様な生き方が選択できること
  3. 「女性も男性も家庭生活と社会活動の両立ができるような環境をつくること
  4. 女性が社会のさまざまな領域でもっと企画や活動方針を決定する場に進出すること
  5. 互いに性を理解し尊重し合い、性に基づいた健康が生涯にわたり維持されること
    (『子どものためのガイドブック』より)
    • この5つの柱の分かりやすい解説と、子どもにも身近な事例、「考えてみよう」という問いかけで構成されています。
    • 市ではこの冊子を小学校5.6年生に9月から順次配布。学校で、家族で子どもと一緒に男女平等を考える機会を広げようとしています。(12月には市内の小学校で研究授業も予定)
    • この冊子の広げ方を考える市議会議員のシンポジウムも市民参画の実行委員会によって実施されました。小学校5年生にわかる内容は、大人にも読みやすいものです。

子どもたちの未来のためにこの冊子がさまざまな場で活用されるようこれからも取り組みを進めます

その他のお問合せ先

男女共同参画センター 担当:須田
電話:042-495-7002 FAX:042-491-8600

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。